環境×実証ミクロWS

環境×実証ミクロ ワークショップ

 

私の研究室では,以下のような趣旨/形態のワークショップを不定期で開催します.


内容・形態:

ワークショップの内容は以下のいずれか(のみ)です.開催は,基本的にzoomで行います.以下のいずれを問わず,発表者には謝金をお支払いします.

  • 研究発表:実証ミクロ経済学的な手法を使った最新の実証論文(分野を問わない;Work in Progressも含む)の筆者による,環境実証を目指す学生・若手研究者(学部,修士,博士,ポスドク)向けの,彼らの学びに繋がるような裏話(データ収集,分析の途中経過,論文投稿プロセスで苦労した点など)を含めたフランクな発表
  • 研究/手法解説:現在,大学院(海外の大学院が望ましい)に在籍している学生による,学生ご自身が研究に使用しようとしている(学習過程の)「環境実証に役立つ手法(分野は問わない)」ないし「環境実証分野の最先端の論文」の解説

WSの趣旨:

環境実証のトップの研究者は,テーマも,手法も,1990年代~2010年代に他の実証ミクロ経済学分野(IO,国際経済,労働経済,医療経済,開発経済)で発展した経済学の理論・実証手法をベースとして研究を行っています.残念ながら,五大誌や環境分野のトップジャーナルに掲載されるような環境実証を学べる日本語の教科書は(2021年10月現在)存在していません.したがって,環境実証分野で最先端の研究を行いたいのであれば,様々な分野の最先端の研究・手法を独自で学ぶ必要があります.しかし,現存する多くのワークショップやセミナーは,既にある程度完成された研究の発表を主な趣旨としており,多くの若手研究者は,大学院コースワークで学ぶ内容と環境実証で優秀な研究者となるために必要な学びとの間の大きなギャップに苦しむことになります.当ワークショップは,このような若手研究者にとってのギャップを埋めることを目的としています.


ワークショップ参加者:
私の指導学生を中心とした内輪のワークショップですが,私の公式twitterにて随時アナウンスさせて頂き,連絡を頂いた参加者に開放させて頂きます.一度メールを登録頂ければ,随時,zoom参加リンクを送付します.登録後の参加は自由です.
Copyright 2021 Yoshifumi Konishi All Rights Reserved.