Applied Economics 小西研究室

研究概要

私の研究室では、様々な地球環境問題に関して、応用ミクロ経済学的なアプローチに基づく理論・実証研究を行うことで、日本や世界の環境政策の発展に寄与するようなエビデンス(科学的根拠)に基づく知見を提示しています。私の言う「応用ミクロ経済学的アプローチ」とは、厳密なミクロ経済学に基づく理論分析と、厳密な計量経済学に基づく実証データ分析とを融合したアプローチの事で、近年では、公共経済学、国際貿易、産業組織、実験経済学などの経済学の諸分野で活用されるようになってきています。日本における環境経済学分野でこのようなアプローチを活用している研究者はまだ多く有りませんが、欧米のトップ大学に在籍する環境経済学者の多くは、このようなアプローチを活用しています。社会経済が益々複雑化する中、より実効力を持った環境政策を形成していく為には、このような応用ミクロ経済学的アプローチによるエビデンスの集積がより重要となってくると考えます。

ニュース

2016/09/24
今年10月より一橋大学(経済研究所)の客員研究員、University of British Columbia(経済学部)の客員准教授としてサバティカル(在外研究期間)を過ごします。
2016/09/07
2015/04/09
“Water Quality Trading: Can We Get the Prices of Pollution Right?” が Water Resources Researchに受理されました。
Copyright 2017 Yoshifumi Konishi All Rights Reserved.