EBPMにおける構造推定と誘導形推定~効果的な環境政策へ向けて~『環境経済・政策研究』(2020)

要旨:EBPM(エビデンスに基づく政策立案)を進めていく上で,どのようなエビデンスをどのように蓄積していくべきか?本稿では,この問いに対するより本質的な議論を喚起することを目的として,実証研究における構造推定と誘導形推定の違いを概説し,経済学の理論と実証の手法(特に理論的な定式化に基づく実証分析)が,エビデンスの構築やより効果的な制度・施策の発掘にどのように役立つかについて展望する.(PDF)

キーワード:構造推定,誘導形推定,準実験(疑似実験),統計的因果推論,EBPM

Copyright 2020 Yoshifumi Konishi All Rights Reserved.